CSR活动&伦理遵法

CSR Activity

CSR活動

博微电气于2010年成立额CSR小组,并沿用至今,主管生产安全,7S1E实施、职业健康等。每月进行2次全公博微電気は2010年にCSRチームを成立し、今までに生産安全、7Sの施行、キャリア健康などを管理している。毎月全会社範囲で二回の検査を行い、平日が小範囲で巡視し、問題に対する整頓意見を提出し、関係部門の整頓を督促する。毎月、社長にCSR報告書を提出し、重大事件の経緯を述べ、対策を提案する。定期的に3級《安全生産責任書》を親会社や社長や従業員に発行し、責任を明確し、全員と全プロセスの安全管理を通じて、死傷事故と職業病の危害を減少するひいては途絶する。

応急警報システム

《応急準備と相応手順》、《火事応急対策》によると、突発事件「例えば火事、自然災害など」が発生する時、操作プロセスを従うべきだと規定した。工場は応急委員会を成立し、定期的に消防演習を行い、従業員に安全教育を行い、責任者を確定し、事態に基づいて処理する。

リスクのコントロール

《応急準備と相応手順》、《火事応急対策》によると、突発事件「例えば火事、自然災害など」が発生する時、操作プロセスを従うべきだと規定した。工場は応急委員会を成立し、定期的に消防演習を行い、従業員に安全教育を行い、責任者を確定し、事態に基づいて処理する。

情報安全

会社は適当的に情報を公にする同時、企業及び個人情報の保管と管理を確保する。会社はパソコン情報安全秘密制度を制定し、情報に関するリスク管理を行う。情報化安全チームを設立し、専門係員が情報安全管理をする。会社はインターネット安全対策を取り、データアクセスを監視し、外部メモリメディアなどの設備を使い、社内のイントラネットと外部ネットを厳しく隔離し、物理的安全管理を強化する。

内部通報及び監査

会社は適当的に情報を公にする同時、企業及び個人情報の保管と管理を確保する。会社はパソコン情報安全秘密制度を制定し、情報に関するリスク管理を行う。情報化安全チームを設立し、専門係員が情報安全管理をする。会社はインターネット安全対策を取り、データアクセスを監視し、外部メモリメディアなどの設備を使い、社内のイントラネットと外部ネットを厳しく隔離し、物理的安全管理を強化する。