環境管理

Environmental Management

環境管理

博微電気は一貫して社会や人類に責任感を持ち、環境保護問題に熱心に取り扱い、環境保護を会社の一つの基本事業として管理する。博微電気成立した13年以来、環境保護における仕事は同業界の先頭をきって、業界の手本になった。

会社は法律を遵守し、法律•法規より厳しい環境保護内部管理標準を制定及び実行する。改築及び増築のプロジェクトにおける環境投資は5%以上を占め、毎年にたくさんの資金が環境設備の技術改造と日常メンテランスに用いられる。生産を始める以来、環境保護に関する違反は発生しなかった。各環境エネルギーロスの指標は持続的に改善する。

わが社は積極的に同業界との交流と協力を行い、会社の環境保護能力を強化する同時に、博微電気の長期的に形成した省エネ技術と管理経験を他の企業に広げて、業界全体の進歩を促す。

環境方針 

トランスに関するビジネスを求める同時に我々は環境保護の責任を持ち、以下の各環境保護の原則を履行する。:

  1. 1.2.1. 会社の活動、製品或いはサービスに関する環境法律及び他の要求を遵守する。
  2. 2.3.4. 汚染無しを堅持し、エコ電子部品の開発を努力する。
 環境目標
  1. 1.2.1. 電気の使用量を減らす
  2. 2.4. 3. 紙の使用量を減らす
  3. 3.5.6. 非エコ材料の使用量を減らす

会社内部でiso9001とiso14001の正しい運行を持続的に推進し、ROHS原則に基づいて、六種類の有害物質「鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE」の使用を徹底的に解消するまで減少する。