K因子トランス

K因子とはトランス負荷の中に高次高周波がある、高次高周波はトランスの負荷損失の付加損耗も増えることに繋がる、コイルが発熱する。

 

K因子トランスはノンリ二ヤリティ負荷給電用のトランス、電網やユーザー負荷の中には三倍数高周波や他の奇数次高周波があること、三倍数零序高周波は中性線電流が増えることに繋がる、他の奇数次高周波はコイル発熱の問題を引き起こした、K因子トランスは高周波に耐えるため、専門デザインされたトランス。標準化認定されたK因子数値:4,9,13,20,30,40,50である。

K因子隔離トランスの技術要求:

1.K因子は高周波の発熱効果を測定され、特殊な度量である、特にトランスの高周波に相応しいである、唯高周波頻度に強調ではなく、回数も、スペクトル分布やスペクトル比例も強調され、K因子トランスの標準規格はK-4,K-13,K-20,K-30などである、K-13はオフィス負荷や普通の発電機室負荷に向け、K-20はコンピュータ負荷(精密クーラーと精密電機)や電力品質敏感設備PDUに向ける。

2.K因子トランスのデザインのは、最小化、高周波の熱効果を抑制など要素を考え、でも高周波を徹底的に削除することはできません(フィルタなど部品がある限り)、特殊な隔離トランス(Dzn0)は三倍数高周波を濾過され、ダブル出力され、位相偏差は30度である隔離トランスは五、七、十七、十九倍数の高周波を濾過されることができる。

3.K因子トランスの導体を選べる時、絹巻き線など低密度、低温絶縁層の導線を使用は禁じられ、耐温は180℃以上のエナメル線やNOMAX銅線を使用べき、内部のkelvin効果を防止するため、高温で一部分を壊され、トランスの破壊を回避する。

4、K因子トランスデザインする時、発熱効果を減少するべき、コイルデザインを最適化なれ、導線規格の厚さと広さ比例変更、コイルパラレル数回増減などで実現する。

5、K因子トランスの入力端三角配線巻線のデザインは三倍数高周波の発熱効果を遠慮すること。

6、K因子トランスのインピーダンスは最適化なれ。

7、K因子トランスの磁気密度は普通用トランスの母数ほど低い。

8、K因子トランスは低損失のケイ鋼片を選択べき。

9、K因子トランスは構造強化を考えするべき。

10、中性点の発熱効果損壊を回避し、トランスの零序電流を減少するべき。

11、K因子トランスのコイルデザインは高周波の発熱付加効果を遠慮し、特にトランスの出力端巻き線発熱効果。